今だけワンコインで体験できるチャンス!

リバウンドしない足痩せ法

有酸素運動

リバウンドしない足痩せダイエット

太ももやお尻など、下半身にセルライトができやすいのは、下半身が運動不足になり脂肪細胞にエネルギーが蓄積されやすいからですが、つまりは、基礎代謝が悪くなりやすい、ということです。

逆に言いますと、基礎代謝を高めることで脂肪の燃焼を促進しダイエット効果が上がり、一度痩せて細くなった脚もリバウンドせずにきれいな細い足を保つことができるのです。

足痩せに限らず基礎代謝を高めることは、リバウンドしにくくダイエットが成功しやすいのでおすすめです。

では、どうやったら基礎代謝をあげることができるのでしょうか?

◆プロに教えてもらうリバウンドしにくい足痩せ法
エステに行かない脚痩せダイエット

基礎代謝を高める方法

足痩せした後もリバウンドしない・・・ダイエット効果をあげるために、基礎代謝を高める二つのことが有効的です。

①無酸素運動をする

これは、筋力を高める運動です。

無酸素運動は、無酸素と言っても、本当に酸素を取り入れない(呼吸をしない)でする運動という意味ではありません。あくまでも運動の強度が高いために酸素を使うことができず、結果として酸素を必要としないでできる運動のことです。

早く走る、縄跳びなどの「筋力トレーニング」が無酸素運動にあたります。

筋肉は脂肪に比べ、カロリー消費がとても大きいです。同じ体型の人でも、筋力のある人の方が太りにくいですね。実際に子供のうちは太りにくいのに、中年になるとあまり食べなくても太りやすくなります。これは、中年になってくると筋力が衰え、基礎代謝が悪くなるからです。

ただし無酸素運動をやりすぎて筋肉がつきすぎると、逆に太い脚になってしまいます。細くきれいな痩せた脚になりたいわけですから、それでは逆効果。
次のことを並行して行います。

②有酸素運動をする

これは、脂肪を燃やす運動です。

有酸素運動は、あまり苦しくない運動をじっくり時間をかけて行うことで、脂肪を燃焼します。体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費されます。

ウォーキングやジョギング・ランニング・サイクリング・エアロビクスなどが有酸素運動にあたります。

もちろん脚だけでなく体全体がダイエットできますので、痩せたい方には有効です。

リバウンドしないために並行して行うことが近道

ランニング

多くのスポーツは有酸素運動と無酸素運動の両方の要素を持ちますが、有酸素運動だけでは筋肉強度は強化されない場合が多いのです。

無酸素運動と有酸素運動。両方を並行して行うことが、足痩せの近道、そして何より、リバウンドしない方法です。

ぜひ、無酸素運動と有酸素運動の両方を並行して行ってみてくださいね。

タグ:, , , ,

脚やせにもっとも効果のある方法を知りたい人向け!な、脚やせ法
自分でできる!脚やせリンパマッサージ


ページトップへ